僕のFP試験合格記

AFP提案書サンプル例(その1)

このサイトは僕がファイナンシャルプランナー資格を取得した(2級ですけどね(/ω\))時の体験をテーマにしています。

当サイトの内容に対するトラブルの損害については当サイト管理者は一切責任を負いません

[P1~P3]表示、目次、プラン作成にあたって

永田様ご家族のファイナンシャルプラン(表紙画像)


受験番号 ・・・ MSZ-006-ZG
住 所 ・・・ 東京都○○区グリーンノア1
氏 名 ・・・ 字室 謝安栖

1

目次

P3・・・永田様ご一家のファイナンシャルプラン作成にあたって
P4・・・1、永田様のプロフィール
P4 ①家族構成 ②今後のライフイベント
P 5~P 8 ③永田様家の資産構成及び保証状況
資産総括
各人別資産状況
負債状況
年金
保険一覧
相続税の評価額

P9・・・2、永田様ライフプラン作成にあたり、ご要望事項の確認
P10・・・3、永田様の現状から判断した、今後の収支状況
P10~P11 ①現在の収入状況・将来見込まれる収入
P12~P13 ②今後の必要生活費

P14・・・4、現状分析と問題点の把握    
P14~P15 ①現状分析
(負債・資金援助・保険・金融資産・不動産・車の買い替え・相続対策)
P16~P18 ②キャッシュフロー分析
キャッシュフロー表とは
現状のキャッシュフロー表
キャッシュフロー表から読み取れる事項
P19~P20 相続財産の状況と問題点
財産の課税価格と相続人の構成
問題点の整理

P21・・・5、ご要望と問題点に対する対策とご提案    
P22~P23 ①ローンの見直し
P24 ②お子様への資金援助と金融資産の有効活用について
P25 ③保険の見直し
P26~27 ④不動産の有効活用
P28~29 ⑤相続対策
相続税10年間シミュレーション表
P30~P31 ⑥各対策のまとめ
対策後のキャッシュフロー表

P32・・・6、ご提案の終わりに
2

○● ファイナンシャルプラン作成にあたって ●○

この度は、永田様ならびにご家族の方々の、今後の資産運用及び生活設計に関するプランニングにご相談頂き、誠にありがとうございます。


さて、先日米連邦準備理事会(FRB)が一ヶ月間で二回目の利上げに踏み切り、昨年10~12月の実質国内総生産(GDP)の伸びが前年比で1.4%にとどまるとの発表がありました。米国のゆれの波及が確実な日本経済については非常に気になるところだと思われます。


しかし、このような景気動向が不透明な状況の中でも現状の自分たちの状態をしっかりと認識し、そこから自らの長所・短所を分析したうえで着実に業績をのばす企業もあります。このことは何も企業にばかりいえたころではありません。これかは、すべての個人が各々の自己責任のもと、自分やその家族の今後を考えなければならない時代になってきました。ここ数年の確定拠出型年金(401K)の登場や銀行のペイオフ解禁といった点からもおわかりになると思います。


そのような中で、今回私どもに永田様ならびにご家族の方々のライフプランの立案をご相談頂けたことは、誠に喜ばしい限りでございます。


つきましては、先日来、永田様よりご提示いただきました情報を元にいたしまして永田様ならびにご家族の方々のご要望、後不安を一掃すべく「提案書」を作成してまいりました。本提案書は永田様ご一家のご要望等をもてあますところなくお応えしたつもりではございますが、永田様におかれましては、まだまだご不明な点や腑に落ちない点等あることと思います。今回の提案書を基と致しまして、より一層の素晴らしいご提案が出来ますよう、ご一緒に考えて参りたいと思っておりますので、ご質問等はどうぞご遠慮なくお申し付けください。




                       平成13年3月10日

  •                           ファイナンシャルプランナー 字室 謝安栖
3