僕のFP試験合格記

AFP提案書サンプル例(その2)

[P15~P18]対策後、終わりに、添付資料

6、対策後

6-1 「収入と支出」

対策後の「収入と支出」

6-2 「効果及び注意点」

ご提案いたしました対策によって得られる効果は次のとおりです。

対策前には、和男様が64歳の時点で貯蓄残高が底を割れてマイナス389万円となってしまいましたが、対策後は同じ64歳時点で1,051万円の貯蓄残高が有り大きく改善をされています。定年後の夢である別荘購入にも不安は無く、奥様とお二人でのんびりとされながらも、数年後にはお孫さんまでもご一緒に楽しめる老後をお迎えになることも可能のようです。


  1. 住宅ローンの繰上げ返済を2回行う事で、返済期間は17年短縮され、支払予定利子分を616万円圧縮する事ができました。
  2. 生命保険料を見直すことで、204万円を減額する事が出来ました。
  3. 夕子様のパート就労により、705万円の金融資産を増やす事が出来ました。
  4. 車の買い換え年を見直すことにより、和男様が70歳を迎えるまでの25年間で438万円の金融資産を増やす事が可能になります。

これらのご提案により、伊藤様ご夫婦の念願の夢である別荘を購入されても、和男様が70歳時点での貯蓄残高は241万円あります。別荘取得という夢が、実現に一歩近づいたといえるでしょう。



15

6-3 伊藤様キャッシュフロー表(見直し後)

キャッシュフロー表(見直し後)

16

終わりのご挨拶

このたびご縁があり伊藤様と伊藤様ご一家のライフプランを作成させていただきましたが、如何で御座いましょうか。


お車の買い換えは7年に一度になりますが、3年に一度はご家族の絆を深める為にご旅行を、さらには定年後の悠々自適な生活を思い切りエンジョイなさる為の別荘の購入など、伊藤様ご夫婦が思い描く別荘取得など夢の実現に向けて、FPとして可能な限り素晴らしいプランに仕上げたものと自負しております。


しかしながら、計画はあくまで計画であり、不透明な時代であればこそ定期的なプランの見直しを図りながらも、伊藤様の夢の実現をさらに現実的に出来るように、これからも伊藤様の良きパートナーとしてあり続けたいと考えております。


この度のご提案で知り得た伊藤様の個人情報につきましては、その機密保持と守秘をお誓いいたします。


この提案が、伊藤様のお子様達の成長と奥様との円満なご家庭を作る為のお役に立てれば幸いです。


今後とも宜しくお願い致します。

ページの空間調整する画像
17

添付資料(住宅ローン返済計画表)

住宅ローン返済計画表
18

提案書が完成!

初心者の提案書作成講座でも書いたように、60点以上の基準点さえ出来ていれば合格できます。

ひととおり出来れば、まず落とされることはないと思いますのであまり心配せず結果を待ちましょうщ(゜Д゜щ)カモーン

提案書課題は、『面倒くさい』のが最大の敵であって、提出することまで漕ぎ着けることが大事なんです。この課題で不合格になる人は途中であきらめてしまって『提案書を提出しなかった人』だけです。

提案書課題に合格すれば、2級FPの試験資格を得られます。気持ちをさっと本試験に入れ替えて頑張ってください。

あと、提案書を提出する際は、100円ショップなどで売っているスライドバーファイルを使えば便利です。FPが顧客にファイナンシャルプランを提出するときのレポートですから見栄えも大事にしましょう。